自社栽培のヤマブシタケ(山伏茸)レイシ(霊芝)による健康食品と新鮮きのこ(味と香りが自慢です)各種取り扱っています。

きのこで健康をお届けする、きのこづくり60有余年
村田椎茸本舗 ホーム 仕切 ショッピング 仕切 プレゼント 仕切 書込みマッシュ 仕切 会社案内 仕切 お問合せ 仕切
販売中のきのこ健康食品【ヤマブシタケ(山伏茸)、レイシ(霊芝)】は、創業来六十有余年に及ぶきのこづくりの経験と技を生かして育て上げたきのこを100%原料として使用しています。
会員登録されますと、サイトで販売中の健康食品の一部【会員限定価格商品】を特別価格にてお買上いただけます。どうぞ登録のうえご利用下さい。登録IDをお持ちの方は、会員ログインよりお入り下さい。

アンケートにお答えの方の中から抽選で3名様に、生きのこの詰め合わせ『きのこづくし』3,000円の商品をプレゼント。 応募締め切りは毎月末日です。多数のご応募お待ちしてます。

当社の 山伏茸(ヤマブシタケ)は、宮崎県えびの市拘留孫峡の山中(川内川上流で熊本県境にあり、修験道の霊場とされる秘境である)に自生していたヤマブシタケ(山伏茸)を採取して純粋培養した種菌を元に栽培したものです。
アガリクス茸の2倍以上の抗ガン成分β-D-グルカンを含んでいると言われています。

霊芝(レイシ)はマンネンタケ科のきのこで、中国では約2000年前から不老長寿の薬とされてきました。当社の霊芝(レイシ)は、独自の梅入り培地を使用した特性限定品です
 
プライバシーポリシー
きのこ品目:シイタケ 安全・安心・おいしいをモットーに、きのこの生産に努めております
村田椎茸本舗は、「きのこフレッシュ便」で、採れたてのきのこを食卓にお届けすると共に、『きのこで健康奉仕』を経営の理念に、創業来60有余年の研究により開発した健康食品「山伏茸(ヤマブシタケ)、霊芝(レイシ)」の生産販売を展開しております。
皆様の健康にお役立てください。

 

椎茸(シイタケ)ってこんなきのこ

シイタケ特有の成分、エリタデニンが、血中のコレステロールを分解(悪玉 を減らし、善玉を増やす)動脈硬化を防ぎます。
また、エルゴステロールが、紫外線を受ける事でビタミンDになりカルシウムの吸収率を高め丈夫な歯や骨を作ります。(干しシイタケのビタミン含有量 は、生の7〜9倍です)その他、ガンの発生を抑え、ガン細胞の増殖も抑制する効果 があると言われています。

 

 

簡単ヘルシーきのこ料理
料理

材料(2人分)

調理方法

きのこのピラフ

●生しいたけ・・・・2枚
●マッシュルーム・・3個
●米・・・・・・・・1合
●バター・・・・・・小さじ2
●玉ねぎのみじん切り
・・・・・・・・・(中)1/3個
●ぬるま湯・・・・・180N
●スープの素(顆粒)小さじ1/2
●アーモンド(スライス)
・・・・・・・・・・ 大さじ2
●パセリのみじん切り
・・・・・・・・・・ 大さじ1
・塩 こしょう

米は炒める30分前に研ぎ、ザルに上げて水気をきっておく。
シイタケとマッシュルームは石づきを切り、それぞれ縦に4つに切る。
アーモンドは軽く煎ってきれいな焼き色をつける。
深めの厚手鍋にバター大さじ1を溶かし、のシイタケとマッシュルームを炒め、塩・こしょう各少々をふり、取り出しておく。
の鍋にバター大さじ1を溶かし、玉ねぎ、の米の順に炒める。米の透明感が出てきたら、ぬるま湯、スープの素、のきのこ、塩小さじ1/5、こしょう少々を加えて混ぜ、ふたをする。蒸気が出るまでは強火にし、その後は弱火にして12〜15分炊く。最後に一瞬火を大きくしてすぐに止め、15分ほど蒸らす。
炊きたてを器に盛り、アーモンドとパセリを散らす。


きのこのカレー炒め

●生シイタケ・・・・・4枚
●マッシュルーム(白)4個
●ヤングコーン(瓶詰)6本
●枝豆・・・・・・・・1カップ
・ グレープシードオイル、またはサラダ油 酒 カレー粉 塩 砂糖 しょうゆ スープの素

シイタケは軸を残して石づきを切り、傘に切り目を入れて4〜6つに裂く。マッシュルームは石づきを切って縦4つに切る。
枝豆は熱湯で色よくゆで、さやから豆を取り出す。
フライパンにグレープシードオイル大さじ1を入れて熱し、きのことヤングコーンを加え、酒大さじ1をふりかけて炒める。
にカレー粉小さじ1、塩小さじ1/5〜1/4、砂糖・しょうゆ各小さじ1/2、スープの素少々を入れ、枝豆を加えて炒め会わせ、器に盛る。

しいたけの
みそ卵

●生シイタケ・・・・1パック
●長ねぎ・・・・・・1本
●卵・・・・・・・・2個
●みそ・・・・・・・大さじ1

しいたけは軸を除き、2つに切る。ねぎは7〜8mm幅の斜め切りにする。
卵をボウルに割りほぐし、みそを入れ、泡立て器で混ぜて溶かす。
約50cm長さに切ったホイルを深めの皿にのせてくぼませ、シイタケ、ねぎを入れて卵液を注ぐ。
包み焼きのホイルの閉じ方を参照して閉じ、オーブントースターで約10〜13分焼く。

 

焼きシイタケと
ささ身の
炊き込みご飯

●生シイタケ・・・・1パック
●米・・・・・・・・3カップ
●酒・・・・・・・・大さじ2
●酒・・・・・・・・小さじ1弱
●昆布・・・・・・・10cm
●とりささ身・・・・4本
●三つ葉の茎・・・・1束分
●しょうゆ・・・・・大さじ2
●練りわさび・・・・小さじ1/2

※材料4人分

炊飯器にといだ米を入れ、少量の水に酒、塩を混ぜて加える。昆布を入れ、3合の線まで水を足して、普通に炊く。
シイタケは軸を残し、石づきだけを除く。ささ身は筋を取る。三つ葉の茎は熱湯に入れて軽くゆで、冷水にとってさまし1cm長さに切る。しょうゆとわさびはよく混ぜ合わせておく。
焼き網をよく熱し、シイタケととり肉をのせて焼く。焼き色がついてきたら、のわさびじょうゆをはけでぬりながら、両面を焼く。
粗熱がとれたら、シイタケのかさの部分を薄切りにし、軸は縦に細く裂く。ささ身は薄切りにしたシイタケに大きさをそろえて裂く。
ご飯が炊けたら昆布を取り出し、の三つ葉と を加えてご飯を切るようにさっくりと混ぜ、器に盛り付ける。

えのきと
シイタケの
酒蒸し

●えのきたけ・・・・・2袋
●生シイタケ・・・・・8枚
●青ゆずの輪切り・・・1枚
●ポン酢じょうゆ・・・適宣
●塩、酒

※材料4人分

えのきだけは根元を落とす。しいたけは石づきを除いて、笠に切り目を入れ、縦2つに裂く。
耐熱皿にを広げ入れて塩小さじ1/2、酒50mlをふりかけ、ふんわりとラップをかけ、電子レンジで約5分過熱する。
ポン酢じょうゆに青ゆずを加え、にかけて食べる。

きのこの
きんぴら

●えのきだけ・・・・・・1/2袋
●ヒラタケ・・・・・・・1/2パック
●生シイタケ・・・・・・3枚
●キクラゲ・・・・・・・2枚
●酒、サラダ油・・・・・各大さじ1
●A
 しょうゆ・・・・・・・大さじ1
 砂糖、みりん・・・・各大さじ1/2
●七味とうがらし・・・少々

えのきだけは根元を切り取る。
ヒラタケは石づきを取り除き、ほぐす。
シイタケは石づきを取り除き、せん切りにする。
キクラゲは水、または湯でもどして水気をきり、せん切りにする。
みつばは小口切りにする。
なべに酒を入れてアルコール分をとばし、のきのこ類を加える。
しんなりしたら、油を加えてよく炒め、みつばを加える。
●Aを加えてよく混ぜ合わせ、七味とうがらしをふる。

揚げ出し
シイタケ
●生だら・・・・・・・1切れ
●A
 酒・・・・・・・・・小さじ1/2
 しょうゆ・・・・・・小さじ1/4
●生シイタケ(肉厚)・4個
●大根おろし・・・・・カップ1/2
●しょうが・・・・・・少々
●B
 だし汁・・・・・・・カップ1/2
 みりん・・・・・・・大さじ1
 酒、しょうゆ、・・・各大さじ1
●上新粉、揚げ油・・・各適宣
●かいわれ葉・・・・・少々
生だらはひと口大に切り、●Aをまぶして下味をつける。
シイタケは石づきを切り取り、かさと軸に切り分ける。かさは3〜4つに切り、軸は縦2つに切る。
大根おろしはざるにのせて水気をきり、しょうがはおろす。
なべに●Bを入れ、火にかけ、煮立ったら火を止める。
の生だらは汁気をふき取り、のシイタケとともに上新粉をまぶす。
揚げ油を170度に熱し、先にシイタケをさっと揚げ、次に生だらをきつね色になるまで揚げ、油をよくきって器に盛る。
熱したのだし汁を注ぎ、大根おろしをのせる。軽く汁気をきったしょうがと根を切ったかいわれを添える。
シイタケの
ソテー
●生シイタケ・・・・・大8枚
●長ねぎ・・・・・・・1/2本
●オリーブオイル、塩、粗びき黒こしょう

※材料4人分
シイタケは軸を除き、笠に放射状に切り目を4本入れる。ねぎは小口切りにする。
フライパンにオリーブ油大さじ2を熱して、シイタケの両面を焼きつけるようにして炒め、皿に盛って、ねぎを散らし、塩、こしょう各少々をふる。
にんにく風味の
バター炒め
にんにく風味のバター炒め
●生シイタケ・・・・・10〜12
●にんにく・・・・・・1かけ
●パセリのみじん切り・少々
●バター・・・・・・・大さじ1
●油・・・・・・・・・少々
●塩・こしょう・・・・各少々
●レモン汁・・・・・・少々
シイタケの軸をとる
にんにくをみじん切りにする
フライパンに油・バター を入れて 弱火にかける。
にんにくがキツネ色になったら を 入れて炒め、塩・こしょうで調味。
仕上がりにパセリのみじん切り・レモン汁 をかける。
シイタケノ
肉詰めフライ
シイタケノ肉詰めフライ
●生シイタケ・・・・・10〜12枚
●小麦粉・・・・・・・少々
●ひき肉(豚赤身)・・120g
●玉ねぎ・・・1/4個(約40g)
●油・・・・・・・・・少々
●溶き卵・・・・・・・1/2個
●パン粉・・・・・・・10g
●塩・こしょう・・・・各少々
●フライ衣・・・・・・適宣
小麦粉・溶き卵・パン粉
●揚げ油・・・・・・・適宣
●付け合わせ・・・・・適宣
●千切りキャベツ・・・レモン等
シイタケの軸をとりさっと洗う
玉ねぎをみじん切りにし、 油を少々ふり、 電子レンジで 30秒過熱する。
豚ひき肉、玉ねぎ、パン粉、卵、 塩、 こしょうを混ぜ合わせる。
のシイタケの笠の内側に小麦粉 を薄く つけ10〜12等分した の 具をこんもりとつける。
の肉の部分だけに、小麦粉、 溶き卵、 パン粉の順につけて、 170度の油で揚げる。
干しシイタケ
とタケノコの
中華風煮物
干しシイタケと牛肉のオイスターソース煮
●干しシイタケ・・・・4枚
●タケノコ・・・・・・120g
●スープの素・・・・・小さじ1/2
●しょうゆ・・・・・・大さじ2
●砂糖・・・・・・・・大さじ2
●酒・・・・・・・・・大さじ1
●油・・・・・・・・・大さじ1/2
●長ねぎの粗切り・・・少々
●しょうがの薄切り・・少々
●水溶き片栗粉・・・・適宣
干しシイタケを水で戻し軸をとる。
タケノコはくし形に切る。
油で長ねぎ、しょうがを炒め、香りが 出てきたら、 の干しシイタケと の タケノコを加えて炒めあわせる。
の中華鍋にシイタケの戻し汁と水を 野菜がひたひたになるまで加え、スープの 素、しょうゆ、砂糖、酒を加えて煮る。
汁が少なくなってきたら、水溶き片栗粉で とろみをつける。
干しシイタケと
牛肉の
オイスター
ソース煮
干しシイタケと牛肉のオイスターソース煮
●干しシイタケ・・・・4枚
●牛もも肉(薄切り・)100g
●にんじん・・・・・・小1本
●長ねぎ・・・・・・・1/2本
●しょうが・・・・・・1かけ
●オイスターソース・ ・大さじ2
●酒・・・・・・・・・大さじ2
●しょうゆ・・・・・・大さじ1/2
●砂糖・・・・・・・・小さじ1
●スープの素・・・・・小さじ1/2
●油・・・・・・・・・小さじ1
干しシイタケを水で戻し軸をとる。
牛もも肉はひと口大に切る。にんじんは ひょうし木切りにし、長ねぎは短冊切り に、しょうがは薄切りにする。
の長ねぎ、しょうが、牛肉をさっと炒め たらにんじん、 のシイタケを加えて炒め あわせる。
の鍋に水1/2 カップ(分量外)、スープ の素、酒、しょうゆ、オイスターソース、 砂糖を入れ野菜が柔らかくなるまで煮る。